人気ブログランキング |

カテゴリ:カモメ科( 7 )

終戦後70年。

1945814日、日本はポツダム宣言を受諾し

15日に玉音放送によって日本の降伏を国民に知らせた。

この日を日本では終戦の日としている。

韓国や北朝鮮も815日を日本軍から解放された日としている。

しかし連合国では降伏文書に調印した92日か3日を

終戦(対日戦勝記念日)としている。

終戦の認識が異なるので、旧ソ連は8月15日以降も侵攻を続けて

93(95日という方もいます)までに北方四島まで占領されてしまった。

戦争の終わらせ方は難しい、特に負け戦は傷口を広げやすい。

戦争が終わって70年、

因みに現在の衆参両議員(定数717)のうち70才以上は40名、

95%が戦争を知らない国会議員、もちろん安倍総理も。

70年談話、心地よい言葉は並んでも、総理の本心ではないね。

1945623日、沖縄陥落の日に施行された義勇兵役法。

男性は15歳から60歳、女性は17歳から40歳の人間を

必要に応じて義勇召集できるという法律。

時の政府は何でもできる、今の政権とかぶってしまうな~。

.........................................................................................

そんなことにはちょっと関係があるかも、沖縄で見たエリグロアジサシ。

e0289657_06493716.jpg


by toriscene | 2015-08-15 06:51 | カモメ科 | Trackback

第一次世界大戦勃発の日

1914628日、オーストリアの皇太子がセルビア人の射殺されたのを契機に、

728日にオーストリアがセルビアに宣戦布告。

面倒くさい話は省略して、三国同盟軍(オーストリア、ドイツ、イタリア)と三国協商軍(イギリス、フランス、ロシア)の戦争が始まってしまった。アメリカもドイツに潜水艦を爆破されたという理由で参戦、日本もイギリスと日英同盟を結んでいたので、中国にあったドイツ基地攻撃を口実に参戦。日英同盟には

「どちらかの国が2か国以上の国と戦争になったら、もう一方の国も加勢する」旨の約束があったんですって。安保法制と似ていないかな~。

第一次世界大戦の終戦処理の会議がベルサイユ条約、「1919年=イクぞイクぞベルサイユ」なんて年号を覚えましたっけ、高校時代に。昔覚えたことは忘れないね~っ。昨日の夕飯は覚えていないけど。

..............................................................................................

そんなことには関係なく、今日の写真はベニアジサシ。

e0289657_08090691.jpg


by toriscene | 2015-07-28 08:07 | カモメ科 | Trackback

海の日

平成8年から施行された祝日。当初は720日、祝日化される前までは「海の記念日」といって、それなりに意味があった日。2003年のハッピーマンデー制度とかいう3連休をたくさん作ろうという考えから7月第3月曜日になった。元来、祝日にした「日」には意味があったのにね。このおかげで、成人の日、海の日、敬老の日、体育の日が第2か第3月曜日に移動した。馬鹿な考えだと未だに思っているけど・・・。

...............................................................................................

というわけで、アジサシとコアジサシ

e0289657_10294871.jpg


by toriscene | 2015-07-20 10:32 | カモメ科 | Trackback

沖縄の夏野菜

といえば、ゴーヤーが有名。ヘチマやとうがんも沖縄では夏バテ防止にとてもいい食材なんですって。昨年夏、那覇の居酒屋さんでゴーヤーも苦味の少ないものがあるのか、調理法によるのか、美味しくいただいたな~。

台風9号が近づいているようだが、やはり沖縄は青い海が似合う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


エリグロアジサシ

e0289657_09111420.jpg


by toriscene | 2015-07-09 06:30 | カモメ科 | Trackback

蚯蚓出 みみずいずる

ミミズが土中から出てくる頃。いい土を作ってくれる隠れた生き物。

雨が降った翌日、すごい数のミミズが出ていることがあり、驚かされます。


ウミネコ 海猫

離島の夜明け、タイミングよく鳥が飛んでくれました。

一羽がよかったのか、もっと多くの鳥が飛んだ方がよかったのか・・・。

e0289657_18324592.jpg
2014年5月11日、石川県


by toriscene | 2015-05-11 06:30 | カモメ科 | Trackback

清明・玄鳥至 つばめきたる

若葉が生き生きと芽生え、鳥が舞い歌い、ツバメもやってきて、いよいよ生命が輝く季節。

でも、MFでのツバメの初認は10日以上も前にやってきています。例年320日過ぎには見ることがしばしば。


ユリカモメ 百合鴎

冬鳥の渡りもピークを迎えつつあるのか、地元の三番瀬や谷津干潟にはハマシギとともにユリカモメが多数集結しています。頭が黒くなるまではいるので、もう少しはこんな群れで飛ぶ姿が見られるかもしれません。2012年4月5日、千葉県。

e0289657_21342423.jpg
◎原則、毎日更新のブログはこちら、「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。







by toriscene | 2015-04-05 06:52 | カモメ科 | Trackback

憲法制定

といっても、現憲法ではなくて、聖徳太子が制定したという十七条の憲法。当時の役人に向けた規律と考えられ、60443日のこと。偽物説が根強くあるそうですが、第一条「和を以て貴し」は今でも生きている言葉ですね~。「和」だけが独り歩きしているとも言われていますが、この第一条全文をしっかり読むと奥が深いらしい。

因みに現憲法十七条は「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる」だそうです。期せずして、こちらも公務員の規定になっていました。


シロカモメ 白

まだ春の気配もない北海道の湖、1羽のシロカモメが飛んでいました。全く音もなく、静かなひと時でした。だって、すぐに轟音を伴って飛行機が降りてくるのですから。2014年4月3日、北海道。

e0289657_09010551.jpg



by toriscene | 2015-04-03 06:30 | カモメ科 | Trackback