鷹乃学習 たか すなわち わざをならう 七十二候

鷹の幼鳥が巣立ち餌の獲り方を習う時期。

たしかに今はツミやトビ、チゴハヤブサなどの猛禽類だけでなく

ツバメ、スズメ、シジュウカラなどの小鳥の若鳥もよく見ます。

..............................................................................................

そんなことで、今回はノゴマの幼鳥。

e0289657_07053430.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-07-18 07:06 | ヒタキ科 | Trackback

半夏生

七十二候・・・はんげしょうず。

烏柄杓(からすびしゃく)の咲くころ、

田植えを終わらせる農作業の節目とされています。

カラスビシャクはサトイモ科のちょっとおもしろい花型(仏炎苞)の植物で、

生薬名が半夏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                               ノゴマ

e0289657_21401022.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-07-02 06:30 | ヒタキ科 | Trackback

お久しぶり・・・

6月の原生花園で見て以来、3ヶ月ぶり。移動途中に寄ってくれました。今年の繁殖状況はどうだったのでしょうね、答えは来年の夏に出ます。

e0289657_771581.jpg

e0289657_773218.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-10-02 07:08 | Trackback

ノゴマもツメナガセキレイも・・・

餌を運ぶのに大忙し。ツメナガセキレイが餌を咥えて止まっているところにノゴマもやってきました。お互いに気にもせずに給餌に飛んでいきました。

e0289657_7582434.jpg

e0289657_7583639.jpg

e0289657_7585664.jpg

e0289657_7591435.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-08-09 08:00 | Trackback

ノゴマ

よく見られますが、昨年より個体数は確実に少ないと思います。夏の北海道ではノビタキとともに普通種と思っているのですが、この2種が今年は減っているのが本当に気がかりです。

e0289657_691189.jpg

e0289657_692948.jpg

e0289657_694730.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-08-06 06:14 | Trackback

近くで囀りです

ちょっとうるさいくらいの囀りでした。
失礼、元気な囀りと訂正をいたします。

e0289657_7334526.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-07-31 07:33 | Trackback

ノゴマ、サービスはいいですよ

個体数は少なかったこの草原、一個体が近くで気の毒がってか、出ずっぱりでサービスしてくれました。

e0289657_7345043.jpg

e0289657_735711.jpg

e0289657_7352355.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-07-24 07:36 | Trackback

ノゴマとノビタキ

夏の北海道の草原を代表する2種、というよりもこの時期の北海道では普通種ともいえる
のではないでしょうか。今年もあちこちでその姿を見せてくれましたが、昨年よりも個体数が減ってはいませんでしょうか。いくつか回った原生花園、私には、ここ10余年間ではもっとも少ない年になったように感じます。万一、急激に個体数が減っているとすれば、大変に危険な状況が迫っていることになります。杞憂であればいいのですが・・・。

e0289657_7575631.jpg

e0289657_7581682.jpg

今年、北海道をくまなく走った方ならお気づきかもしれません、なんとソーラーパネルの設置エリアが増えたことか。建設中の施設も数か所で見ました。脱原子力発電の動きに抗うことは難しいと思いますが、どこかでストップがかからないと、広大とはいえ、北海道の原野、草原がいつの間にかソーラーパネルの林に変わってしまうでしょう。ウトナイ湖周辺の広い勇払エリアでも3か所、工事が進んでいました。北海道が繁殖のためにやってくる夏鳥の安住な地にはならなくなる日がきそうですね。来年の様子をしっかり見たいと思います。

e0289657_7584720.jpg

e0289657_7592472.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-07-16 08:04 | Trackback

ハマナスの咲く頃

夏の北海道を代表する花の一つ、ハマナス。今年もこの花に止まる小鳥を期待して、自宅から1時間ほどのお花畑に。でも、やはり鳥の個体数が少なく、花の上には止まってくれませんでした。この地では普通種とも言えるホオアカやノビタキの姿が少ないのがちょっと気がかりです。

◎ノビタキ⇒ここではもう、雛ちゃんが出ていました。
e0289657_6113252.jpg

e0289657_6115097.jpg

e0289657_612588.jpg

e0289657_6121992.jpg

◎ノゴマ⇒この鳥もここでは昨年より数が減っていました。
e0289657_612315.jpg

◎ホオアカ⇒いい声を聞かせてはくれますが、花のある場所には出てきませんでした。
e0289657_6124491.jpg

◎オオジュリン⇒ハマナスにつく虫を取っているようです、この鳥も雛が孵っているのでしょう。
e0289657_6142662.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-07-03 06:16 | Trackback

ノゴマ♀

冬の大型の鳥が増えてきて、行きたい場所も増えてきました。それでも気になる山の水場にまた行ってみました。この日は晴れの特異日、スカッと気持ちのいい日ですが、また明日からは天気が下り坂とか。10月10日。

◎ノゴマ⇒雌雄同時に登場も、♂は葉陰で撮れませんでした。♀をしっかり撮れたのも久々。
e0289657_15143846.jpg

e0289657_15145472.jpg

◎アオジ⇒この鳥もありふれていて、実は撮ったのは久々。
e0289657_1515893.jpg

◎ヤブサメ⇒今年はよく撮らせてくれました。
e0289657_15152212.jpg

◎クロジ♀
e0289657_749020.jpg

◎紅葉の進み方は遅いような。綺麗な色になる前に散ってしまう葉がいっぱい、大きな葉が音をたてて落ちてきます。
e0289657_15154280.jpg

[PR]

by toriscene | 2013-10-18 06:30 | Trackback | Comments(22)