鉄道安全確認の日。

日本で最初の鉄道は1872年秋、新橋~横浜間というのはよく知られた話。

その二年後、1874年の今日、最初の鉄道事故発生。

新橋駅でポイントが故障し、脱線してしまった。

そこでこの日を「鉄道安全の日」としているようだが、

鉄道は日々安全確認の日でなくては困ります(公共輸送はすべからくではありますが)

数年に1度はインパクトの強い事故は起きている。

JR福知山線の脱線・人身事故は未だに記憶から消えない。

来年3月には新幹線が北海道に乗り入れる。

旅行会社は新函館北斗駅をスタートする北海道観光プランもたくさんできるだろうし、

冬の雪道運転が苦手な私にはシロハヤブサを日帰りで

見に行くことができるかもしれない。

それもこれも総て安全であるという安心感が土台だ。

ここ数年、JR北海道のトラブルが多い。がんばってね、JR北海道さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということに関係なく、今日の野鳥はチュウヒ。

草原は雪の季節が来る前の猛禽の季節、

チュウヒはゆったりときれいな飛翔を今日も見せてくれる。

e0289657_06223478.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-10-11 06:24 | タカ科 | Trackback

虹始見 にじはじめてあらわる

虹が初めて見られる頃という意味ですが、虹はいつでも見られます。ただし、冬は少なく、雨の粒が大きくなるとはっきりした虹になるそうです。この時期、今まで気付かなかった虹を見るようになるということでしょうか。でも、まだこの時期の虹はすぐに消えてしまうらしい。


チュウヒ 沢

そろそろチュウヒの営巣が始まる。たまたま、この鳥が巣材となる長い枝を掴んできて葦原に舞い降りるシーンに出逢って、この場所が営巣地であることを確認した次第。このチュウヒ、普通のチュウヒと異なり、翼の色や風貌が異なる、いわゆる大陸型のようだ。20134月、北海道。

e0289657_08365678.jpg
◎原則、毎日更新のブログはこちら、「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。


[PR]

by toriscene | 2015-04-15 06:30 | タカ科 | Trackback

これでもハイチュウ

ハイイロチュウヒの♂♀が到着したので出かけてきました。
♀は明るいうちに姿を見せてくれましたが、
♂は日没後に塒に戻ってきました、
私の技量ではブレブレ写真しか撮れませんでした。
日没時間が延びたらまた行ってみよう(かな)。
e0289657_721615.jpg

e0289657_723354.jpg

e0289657_724773.jpg

◎チュウヒとノスリ
e0289657_715265.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-12-18 07:04 | Trackback

猛禽の季節というけれど・・・

200m先のシラカバの木、いろいろな猛禽が止まります。しかしあまりにも遠い。このレンズでなくても厳しい距離でしょうね。

◎オオタカ⇒綺麗な成鳥なのですが、残念。
e0289657_7502041.jpg

e0289657_7503537.jpg

◎チュウヒ⇒こちらは少しは近いところを。
e0289657_7505028.jpg

e0289657_751386.jpg

※T150-600㎜+EOS5D
[PR]

by toriscene | 2014-10-16 07:52 | Trackback

地元探鳥会

気持ちの良い天気とさわやかな風を感じながらの地元探鳥会、今回は会員限定でした。隣県との境界を流れる大河の土手を歩きました。このエリア定番の野鳥に加えて、シマアジの雌雄が見られるというプレゼントつきでした。ただ鳥の撮影に齷齪するよりも、探鳥会が楽しいですね・・・まだまだ知らないことがたくさん吸収できます。

◎シマアジ⇒冬鳥の渡りの終盤は思いもしない種が出るものですね。
e0289657_7405641.jpg

◎チュウヒ⇒肩羽の真っ白なチュウヒがゆらゆら飛んでいました。
e0289657_7413350.jpg

◎コジュリン⇒この鳥とオオセッカの囀りがあちこちから聞こえてきました。
e0289657_741494.jpg

◎セッカ
e0289657_7421365.jpg

【観察できた野鳥】キジ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、シマアジ、コガモ、カイツブリ、カワウ、サンカノゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ムナグロ、コチドリ、セイタカシギ、タシギ、チュウシャクシギ、セグロカモメ、トビ、チュウヒ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒバリ、ツバメ、ウグイス、オオセッカ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、コジュリン、オオジュリン 36種。番外カワラバト。

e0289657_74365.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-04-29 06:30 | Trackback

チュウヒ、大陸型タイプ

毎年、この近辺で繁殖をしているチュウヒ、その色からいわゆる大陸型チュウヒと呼ばれます。大陸で繁殖するので大陸型というのですが、国内で繁殖しているので、大陸型タイプと呼ぶのがいいのかもしれません。

◎3羽の姿が見られました、みんなボケボケ写真ですが、もっとも綺麗だった白っぽい個体はさらにひどいピンボケでした。
e0289657_18485440.jpg

e0289657_1848947.jpg

e0289657_18482310.jpg

e0289657_18483772.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-04-07 06:30 | Trackback

パタパタ ノスリ

猛禽の飛びものでも、ホバリングなら私でも何とか撮れそう。でも、ただそれだけのつまらない写真ですな。

◎ノスリ
e0289657_16592729.jpg

e0289657_1701230.jpg

e0289657_1703445.jpg

e0289657_1705534.jpg

e0289657_1712048.jpg

◎チュウヒ
e0289657_1763290.jpg

e0289657_1765446.jpg

e0289657_1771413.jpg

e0289657_1773310.jpg

※同じような写真ばかり並べてしまいました、ご容赦のほど。
[PR]

by toriscene | 2013-10-29 06:30 | Trackback | Comments(18)

猛禽3種、でも遠い~

出遅れて、どこに行こうか思案の末、今秋初めての沼のほうへ。1時間ほどで猛禽が3種類出てくれましたが、とてもとても遠くて。とりあえず猛禽のいる風景ということで・・・。10月6日。

◎チュウヒ
e0289657_1773883.jpg

e0289657_1775272.jpg

◎オオタカ若
e0289657_1782462.jpg

e0289657_1783837.jpg

◎ノスリ
e0289657_1785657.jpg

※いずれも大トリミングしています。
[PR]

by toriscene | 2013-10-12 06:30 | Trackback | Comments(18)

チュウヒの若

小山の上に2羽の猛禽、逆光でしたが、なんとか撮影できました。4月にこの近辺に営巣する大陸型チュウヒの姿があったのですが、その子供たちでしょうか。7月19日。

◎チュウヒ幼鳥
e0289657_9141513.jpg

e0289657_9143460.jpg

[PR]

by toriscene | 2013-08-04 06:00 | Trackback | Comments(20)

鳥のいる風景…

なんちゃって…被写体が遠かっただけでした。4月21日。

◎チュウヒ
e0289657_1611614.jpg

◎オオハクチョウ
e0289657_16112046.jpg

ついでに撮れた、
◎アカゲラ
e0289657_16113656.jpg

◎カササギ
e0289657_16114751.jpg

こちらもついでに撮れましたが、2年ぶりでちょっとうれしかったエゾシマリス。
e0289657_16125096.jpg

[PR]

by toriscene | 2013-05-04 06:30 | Trackback | Comments(20)