流氷異常

今冬は未だに根室海峡に流氷が入ってこない。羅臼の海鷲を撮るのには今のところ適期ではないようだ。過去にも流氷がなかった冬もあり、港までぎっしり埋まって出航もできない冬もあった。何事も自然のなすまま、人の力ではどうすることもできない。昨日は強い北風が吹き、知床半島を流氷が回ってくるかもしれない、しかし中標津や女満別空港行は欠航になるほどの暴風雪。今年の冬もまた荒れた天候に見舞われている。


オオワシ、オジロワシ大鷲、尾白鷲

流氷に乗る海鷲は絵になる。こんなシーンは世界中でも、ここでしか見られない。海外から多くのバードウオッチャーが訪れるのも頷ける。早く羅臼沖に流氷がやってきてくれないとシーズンも終わってしまう。20052月、北海道。

e0289657_18591425.jpg


2009227日、沖合には全く流氷がなくてがっかりした。港の堤防に止まるオオワシとオジロワシを撮って諦めた年でした。

e0289657_18592810.jpg
◎原則、毎日更新のブログは「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。


[PR]

by toriscene | 2015-02-16 06:43 | タカ科 | Trackback

流氷、盛りのころ。

まだまだ氷も雪も溶けません
層雲峡氷瀑まつり(1/24~3/29)、千歳・支笏湖氷濤まつり(1/30~2/22)、さっぽろ雪まつり(2/5~2/11)など、北海道の雪や氷の祭はこれからがピーク。この3つのまつりと流氷クルーズのついた超極寒ツアーがありました、それも3日間で回るそうですよ。冬こそ北海道、でも昨年も今年も猛烈な雪が降る。

オオワシ大鷲
流氷とオオワシ、いろいろな撮影状況を期待して9年間通いました。魅力ある被写体です。でも今冬はお休み、冬に出かける根気がなくなってきたのかもしれません。行けば楽しいだろうな~。この写真は低い流氷でも、少しでも高い場所をめざした2羽のオオワシが同じポイントをめざして飛んできたところです。どちらがGETしたでしょうか…。撮影:2014年2月、北海道。B誌2015年2月号掲載写真。
e0289657_7533319.jpg

◎原則、毎日更新のブログは「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。
[PR]

by toriscene | 2015-02-07 07:55 | タカ科 | Trackback

立春・東風解凍 はるかぜこおりをとく

暖かい風が吹いて、湖沼の氷が溶け始める頃とか。
立春を迎え、旧暦では、新年の始まりはこの日から。
とは言え、寒さは厳しいし、首都圏に降る雪で大騒ぎするのはこれからもっと増えるでしょうし、背中も丸くなってしまうのもこの時期。
気象的には3月1日からが春、気分的には4月1日からが春・・・でしょうか。
全国的に寒さ厳しい立春となりました。まだまだ名のみの春が続きます。

オオワシ大鷲
羅臼岳に雪煙が舞う夕方、でも谷あいは意外と風はなかった。遠くの木にオオワシが数羽、この木を塒にしている一群れだろうか。2005年2月、北海道。
e0289657_7213749.jpg

◎原則、毎日更新のブログは「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。
[PR]

by toriscene | 2015-02-04 07:24 | タカ科 | Trackback

1月の野鳥カレンダー・・・オオワシ

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
e0289657_07124301.jpg
因みにこちらは表紙です。
e0289657_07135194.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-01-01 07:14 | タカ科 | Trackback

一年間、ありがとうございました

本年も弊ブログにご訪問くださいましてありがとうございました。

ご訪問くださいました皆様に、

心から感謝をお示しすべく、威儀を正して、

また来る年を、より前向きに・・・

というわけで正面顔を集めてみました。

e0289657_17233145.jpg
来年もよろしくお付き合いくださいませ。


[PR]

by toriscene | 2014-12-31 07:11 | 旧野鳥と花の雑記帖 | Trackback

流氷上ではないオオワシ

雪原、岩場・・・オオワシは移動中でもよく見られました。とりあえず残りのオオワシの写真をアップして冬の北海道はおしまいにします。長々と引っ張ったら、もう春になっていました。

e0289657_18255716.jpg

e0289657_18261877.jpg

e0289657_18263648.jpg

e0289657_18265021.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-15 06:30 | Trackback

オオワシ>オジロワシ

大きさではなくて、越冬数の話ですが。
オジロワシは少数とはいえ、北海道で繁殖をしているのに、見る数はオオワシの方が多いような気がします。流氷上に見られるのもずっとオオワシが多く、越冬数はオジロワシの方が少ないのでしょうね。総個体数はどうなのでしょうね。ちょっと調べてみたら、こちらにすばらしい資料が見つかりました。外務省のHPでした。

e0289657_1225692.jpg

e0289657_1231683.jpg

e0289657_124261.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-12 06:30 | Trackback

トップを狙え

もりあがった流氷を狙って、頂上を争います。それにしても、今年は聳えるような高い流氷が全くなく、迫力不足でした。10年前に流氷が来なくなると言われましたが、その傾向が顕著になってきているのは間違いなさそうです。

◎2羽のオオワシが小さくもりあがった流氷を目指します。
e0289657_174723.jpg

e0289657_1743922.jpg

e0289657_1751270.jpg

◎昔はこんなに大きい柱が見られたのですが。
e0289657_1762180.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-09 06:30 | Trackback

日の出

国後島がこんなにはっきり眺められる早朝も珍しい。昨年もきれいな日の出に当たりましたが、今年はさらに。裏腹に鳥と太陽が絡むシーンはうまく撮れませんでした。

e0289657_734519.jpg

e0289657_7341840.jpg

e0289657_7344686.jpg

e0289657_7345855.jpg

e0289657_7352974.jpg

e0289657_7354817.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-06 06:30 | Trackback

青空に飛ぶ

今年もなんとなく冬の北海道に来てしまった。関東の冬鳥が少ないせいもあるのかもしれません。本日からしばらく北海道の鳥が続きます。

◎タンチョウ
e0289657_9343970.jpg

◎オオワシ
e0289657_9352443.jpg

◎オジロワシ
e0289657_9355530.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-02-24 06:30 | Trackback