霎時施 こさめときどきふる 七十二候。

霎はしぐれの意味でつかわれているようです。
時雨が降るようになる頃とか。
晩秋から初冬に降る時雨、
強い雨が降っても、さあっと晴れて青空が広がる・・・
そんな雨を言うらしい。
片時雨、横時雨、朝時雨、夕時雨、そんな言葉もあるらしい。
いずれにしろ、寒さを呼ぶ雨なのか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなことには関係なく、今日の野鳥はカケス(亜種ミヤマカケス)。
この鳥が平地の公園で栗を探すようになると一気に寒さが増すような・・・。
エゾリスと時々、餌争いを見せてくれる
大きいけれど、可愛い鳥です。
e0289657_17292051.jpg



[PR]

by toriscene | 2015-10-29 05:30 | カラス科 | Trackback

菊花開・・・七十二侯。

菊の花が咲きだす頃。
当然、園芸菊ではなく、野に咲く自然の菊のこと。
今めだつのは青い色の系統の花、エゾノコンギク、
よく似たユウゼンギクやネバリノギク、でもこの二種は北米原産。
これからピークを迎えるのは全国で開かれる菊花展。
厚物、厚走り、大掴みや御紋章菊ともいわれる一文字などの大菊が目を引きます。
数ある菊花展のなかでも、全日本菊花連盟の主催する全国大会が最高峰なのでしょうか。
昔、まだ新幹線など無かった頃、
この大会に出品する切り花をビール瓶に挿して、
動かないようにしっかり固定し、夜通し大事に抱えて会場に持ち込んだそうです。
この大会の最高賞である内閣総理大臣賞を目指して・・・菊作りの名人古老のお話でした。
今年は山形県南陽市で11月10日から。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなわけで、ちょっと秋っぽく、今日の野鳥は亜種ミヤマカケス。
小さな池に真っ赤なもみじの葉が落ち、いいタイミングでやってきてくれたミヤマカケス。
こんなシーン、ラッキーの一言。
e0289657_07441017.jpg

[PR]

by toriscene | 2015-10-14 05:30 | カラス科 | Trackback

ミヤマカケス

今年はあちこちで見られます。
でもこの場所ではこれ以上は近づけませんでした。こちらが身を隠すものがなくて。
e0289657_201129.jpg

e0289657_1319775.jpg

e0289657_13192571.jpg

◎イチイの実が落ちていて、ヤマガラやシロハラゴジュウカラがせっせと運びます。
e0289657_13222556.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-11-09 06:30 | Trackback

待てばカケスが近くに

公園のベンチに座っていると、草地に落ちている木の実を探しながら、近づいてきてしまいます。私もちょっと動けませんね、驚かすわけにはいきません。
e0289657_7415174.jpg

e0289657_7421190.jpg

e0289657_7422383.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-11-02 07:42 | Trackback

10月の野鳥カレンダー・・・ミヤマカケス

今はもう秋、亜種ミヤマカケスが秋らしい雰囲気で撮らせてくれました。

e0289657_1881466.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-10-01 06:30 | Trackback

ミヤマカケス、アカゲラ

森に帰る前に、平地の公園、どんぐりを見つけたようです。数羽が雪解けの地面におりて餌さがしでした。
◎亜種ミヤマカケス
e0289657_7505983.jpg

e0289657_7511835.jpg

e0289657_7513088.jpg

◎アカゲラ⇒繁殖期が近づいたせいか、よく姿を見るようになりました。
e0289657_752299.jpg

e0289657_7524230.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-04-20 06:00 | Trackback

ミヤマカケスとエゾリスの餌争い

いつもの公園、ベンチの下に地元の方が拾い集めたらしい栗やどんぐりが置かれていました。おそらく、これから長い積雪の時期を過ごすリスのためなのでしょう。このご馳走、カケスが見つけました。

◎リスが胡桃を齧っていると
e0289657_2234253.jpg

◎カケスがご馳走のあるベンチ下に近づきました
e0289657_224131.jpg

◎リスが慌てて戻ってきます
e0289657_2241982.jpg

◎カケスを追い払いますが
e0289657_225610.jpg

e0289657_2244213.jpg

◎彼には翼があるので
e0289657_2252571.jpg

◎隙をついて餌を失敬していきました
e0289657_2253980.jpg

※短い時間でしたが、大変おもしろいシーンが見られました。今日も、この子たちはこんなことをやっているかもしれません。
[PR]

by toriscene | 2013-11-08 06:30 | Trackback | Comments(22)

栗を咥えたミヤマカケス

やっと平地の公園でもミヤマカケスが見られるようになってきました。今年は山から降りてくるのが遅いような気もします。

◎亜種ミヤマカケス⇒ゴジュウカラの鳴き声を真似したり、貯食をしたり、見ていても面白いものです。
e0289657_18271265.jpg

e0289657_18273377.jpg

e0289657_18274840.jpg

◎メジロ⇒北海道では主として夏鳥。
e0289657_18281553.jpg

e0289657_18282853.jpg

◎アオジ⇒夏鳥、もっとも遅くまで残っているように思います。
e0289657_18301291.jpg

[PR]

by toriscene | 2013-11-03 06:30 | Trackback | Comments(18)

ちょっと秋っぽく、ミヤマカケス

どんよりした天気でも、何か撮らねばと思ってまた山へ。予想通り、出は悪く・・・でも思ってもいなかったカケス(亜種ミヤマカケス)が近くで撮れました。10月7日。

◎ミヤマカケス
e0289657_20221632.jpg

e0289657_18504684.jpg

e0289657_18505830.jpg

e0289657_18511135.jpg


◎アカハラ
e0289657_18514415.jpg

[PR]

by toriscene | 2013-10-13 06:30 | Trackback | Comments(20)

ミヤマカケスが近くに

千葉の地元では枝被りばっかりだったカケス、なんとすぐ近くに降りて餌を探していました。北のカケスは亜種ミヤマカケス、虹彩の色がカケスと異なり目が優しく見えます。4月15日。

◎ミヤマカケス⇒他の公園に行っても、よく地上に降りて餌を探しています。雪が融けて、木の実がすぐにとれるようです。
e0289657_18505191.jpg

e0289657_1851784.jpg

e0289657_18512043.jpg

◎ヤマガラ⇒人を見ると寄って来ます、冬の間、餌をもらっていたのでしょうか。
e0289657_185136100.jpg

◎沼にも寄ってみましたが、ヒシクイやオオハクチョウが数えるほど。沼明けが早かったのか、もうとっくに移動していました。マガンは皆無、北へ追っかけをしなくては…。
e0289657_18524038.jpg

e0289657_18525411.jpg

[PR]

by toriscene | 2013-04-27 06:30 | Trackback | Comments(22)