<   2015年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

青時雨

青葉から滴り落ち水滴を雨にみたてて

こう呼ぶそうです。

日本語ってきれいだな~、いまさらながら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                            エゾフクロウ

e0289657_21322257.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-06-29 06:30 | フクロウ科 | Trackback

菖蒲華

七十二候・・・あやめはなさく。

あやめが花をつける頃。

かきつばた、あやめ、(のはな)しょうぶ・・・

似て非なるアヤメ科の花々、品がある花の一つだと思います。

北海道ではこれからノハナショウブの季節を迎えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                            シマアオジ

e0289657_11390730.jpg





[PR]

by toriscene | 2015-06-27 06:30 | ホオジロ科 | Trackback

鮎釣りのシーズン、川に並んだ釣り人の風景は風物詩。

釣り人がいつも同時に2尾釣り上げるの見て、びっくりした子供さんがいた、

鮎の友釣りの話です。かわいいかわいい話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              ヤマドリ

e0289657_21233410.jpg



[PR]

by toriscene | 2015-06-24 06:30 | キジ科 | Trackback

夏至

なんとなく、この日が来ると1年の半分が終わった気になる。

実際、6月が終わると(私には)その後の時の流れが早く感じます。

なんでだろう~。

生まれ月が6月のせいかもしれません、今年の人生半分終わったとさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              ヒバリ

e0289657_21191284.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-06-22 06:30 | ヒバリ科 | Trackback

春の真鯛、夏の鱸、冬の鮃・・・とそれぞれの時期を代表する白身魚。

薄造りにポン酢で食すのがおいしいな~。

地元船橋港はたしか鱸の水揚量日本一、

市場で大きな鱸、1500円で売っていた、安いよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                             ホオアカ

e0289657_21143108.jpg




[PR]

by toriscene | 2015-06-19 06:30 | ホオジロ科 | Trackback

梅子黄。

七十二候・・・うめのみきばむ

梅の実が熟して黄色くなるころ。

「花よし香よし果実よし」といわれる梅。

そうそう早春の花の時期は鳥撮りさんにとってもありがたい花木です。

「梅は三毒を断ち、その日の難を逃れる」というそうですが、朝夕に1個の梅干は

健康を保てるとされてきました。

夏の鳥見のおむすびはこれでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              クマゲラ

e0289657_11242545.jpg



[PR]

by toriscene | 2015-06-16 06:30 | キツツキ科 | Trackback

入梅。

関東地方が梅雨入りして、5日ほどたったでしょうか。

暦の上では611日前後とか。

古来、農作業の上では、雨期に入る時期を知ることは重要で、

立春から135日目と決めていたこともあったそうです。

現代では太陽の黄経が80度に達した日とされています。

春分の日の見かけの太陽の位置を0度として計算していますが、

因みに夏至が90度、秋分が180度、冬至が270度ということになるらしい。

なんて書いて来たら、もう沖縄は梅雨明けですって。

早すぎないかな~、気象庁さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              カワラヒワ

e0289657_11512033.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-06-13 06:30 | アトリ科 | Trackback

腐草為螢

七十二候・・・くされたるくさほたるとなる。

草の中から蛍が舞い、光を放ち始める頃。昔は腐った草が蛍になると考えていました。

綺麗な水辺に生息する蛍が腐った草とは、よくわからん、なんでかな~。

日本にはホタルが40種以上、沖縄にはそのうちの20種がいる。そういえば3月に石垣島に行ったときも

たくさん光っていた。


                     サンカノゴイ

e0289657_07512098.jpg



[PR]

by toriscene | 2015-06-11 07:53 | サギ科 | Trackback

紫陽花

梅雨に咲く花といえばこのアジサイとハナショウブが双璧。
でも今年の関東地方はまだ梅雨入り前、ちょっと晴天のこの花は似合わない。
それでも、東京での開花、
気象庁によれば観測史上、二番目に早い開花とか。
5月26日に開花、平年より12日も早いそうですよ。
写真はアジサイではなく、バラが写りこんだ池のカワセミ。
e0289657_09173983.jpg




[PR]

by toriscene | 2015-06-08 09:19 | Trackback

芒種

稲や麦の種を蒔く時期ということらしいが、

実際にはもう前年の秋にまいた麦は収穫期、稲は緑すくすく伸びています。

稲に関していえば、早生種や品種改良も多いので、

芒種が今頃といわれてもピンときません。

e0289657_08305039.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-06-06 06:00 | ヨシキリ科 | Trackback