<   2014年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ツグミ、モズ

今年はツグミを見るとカメラを向けてしまいますね~、とは言ってもほとんどただのツグミですが。

◎ツグミ
e0289657_16564038.jpg

◎モズ⇒毎年、このエリアでは数組の繁殖が見られます。この日も♂が植込みから出入りを繰り返しています。抱卵中なのかもしれませんね。八重桜の頃はよく巣立ち雛がサクラに止まっています。
e0289657_1656594.jpg

e0289657_16571558.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-31 06:30 | Trackback

コイカル再び

今年はサクラに止まるこの鳥を見る都合がつかないので、暖かい日に再訪。今回も運よく、きれいな囀りを近くで聞かせてくれました。

e0289657_1643512.jpg

e0289657_16432154.jpg

e0289657_16433828.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-30 06:30 | Trackback

お花見です

河津桜は峠を越して、染井吉野はやっと咲き出したばかりですが、本命はサクラではありません。千葉県が南限とされるカタクリが見ごろを迎えていました。

◎カタクリ
e0289657_1733343.jpg

e0289657_1734333.jpg

e0289657_17341746.jpg

e0289657_17343082.jpg

◎ミズバショウ
e0289657_17353033.jpg

◎シュンラン
e0289657_17354632.jpg

◎ニリンソウ
e0289657_17355924.jpg

◎タチツボスミレ
e0289657_1736135.jpg

◎キジムシロ
e0289657_173762.jpg

◎ハクモクレン
e0289657_17372236.jpg

◎ヒュウガミズキ
e0289657_17373713.jpg

◎ソメイヨシノ
e0289657_1738647.jpg

◎カワズザクラ
e0289657_17382826.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-29 06:30 | Trackback

ホオジロ、アオジ、オオジュリン

この日はホオジロ科3種がよく姿を見せてくれました。葦原から異なる3種類の地鳴きが聞こえてきて、楽しいものです。

◎ホオジロ⇒わが県の県鳥、昭和40年5月に県民にもっとも親しまれているという理由で選定されたそうですが、意外と通好みかも。
e0289657_9302461.jpg

e0289657_9304676.jpg

◎アオジ⇒目先も黒くなって夏仕様、繁殖地ではいい声を聞かせてくれます。
e0289657_9311325.jpg

◎オオジュリン⇒♂は頭もだんだん黒くなってきて。ゆっくりなテンポの囀りは北海道まで我慢しましょうか。
e0289657_9313235.jpg

e0289657_9314623.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-28 06:30 | Trackback

コイカル、今年も逢えた

この個体はもう7年ほど見られているとか。今年はイラガの繭が少ないためか、なかなかすんなりは撮らせてくれないようです。休む時も暗い常緑樹の中で姿も見えないこともしばしば。そんな中、それでも大きな声できれいな囀りも聞かせてくれました。

e0289657_12414227.jpg

e0289657_12415892.jpg

e0289657_12421644.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-27 06:30 | Trackback

夏羽になったハジロカイツブリ

5~6羽のハジロカイツブリ、中に1羽だけ、金色の飾り羽が目立ちます。光の具合がよくなくて、再撮に行かなくてはなりません。


◎ハジロカイツブリ
e0289657_17432398.jpg

e0289657_1743439.jpg

◎ウミアイサ♀
e0289657_1744238.jpg

e0289657_17443134.jpg

◎シロチドリ
e0289657_17444997.jpg

◎オオジュリン
e0289657_17451023.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-26 06:30 | Trackback

富士山にミヤコドリ

スカッと晴れたので、いつもの干潟に。いつものように満潮から下げ2時間後に出かけ、ミヤコドリの飛び出しを狙いに行きました。潮が引き始めて10羽ほどの群れで干潟をめざしました。うまい具合に富士山が背景になるような高さを飛んでくれません。おまけに無精をして一脚に超望遠レンズをセットしたのが大失敗、風のある日の飛びものは被写体を負うのもうまくいきませんでした。

e0289657_1234357.jpg

e0289657_12344834.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-25 06:30 | Trackback

まだいました、ヒレンジャク

今年は豊作で、まだ見られました。この分なら4月になっても北でも見られるかもしれませんね、日本海の離島ではさらに多そうですね。

e0289657_8555227.jpg

e0289657_8563721.jpg

e0289657_8565353.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-24 06:30 | Trackback

オシドリもペアになって

この鳥はきれいすぎて、撮るのが難しい。子供のころから動物園で見ていたせいか、どうしても野生の鳥には思えないのがつらいです。

◎この日は3ペア確認できました、今年も越夏・繁殖してくれるといいのです。
e0289657_18224434.jpg

e0289657_1823273.jpg

e0289657_18231941.jpg

e0289657_18234110.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-23 06:30 | Trackback

蟹が少ない

暖かい干潟、もっと巣穴からカニが出ていてもいいのですが、今年は何となく少ないように感じます。これから春のシギチのピークを迎えるのに、ちょっと心配です。食物ピラミッドの下位生物(干潟なら小さいカニやゴカイ、草原や森ならアシや下草類)がなくなると頂点にいる生物の絶滅が早まるのはよく知られていることですね。

◎シロチドリ
e0289657_21485414.jpg

◎ダイゼン
e0289657_2149118.jpg

e0289657_21492885.jpg

[PR]

by toriscene | 2014-03-22 06:30 | Trackback