カテゴリ:サギ科( 4 )

地球外生物。

Extra-Terrestrial、
いわゆるE.T.
1982年12月4日、
映画「E.T.」が日本で公開された日。
この日をE.T.の日というらしい。
観客動員数は1,000万人を超えて
1997年公開の「もののけ姫」に抜かれるまで
配給収入が1位だった。
あのE.T.を可愛いというというのにはちょっと抵抗がある。
でも、鳥の孵化直後の姿も、
とても可愛いとはいえないな~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということに関係なく、今日の野鳥はダイサギ。
広い河口もすっかり雪と氷に覆われたこの日、
何か絵になりそうなシーンが撮れないかと出かけた日の一枚。
ぽつんと佇む、見慣れたダイサギが印象的だった。
e0289657_14295147.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-12-04 07:55 | サギ科 | Trackback

腐草為螢

七十二候・・・くされたるくさほたるとなる。

草の中から蛍が舞い、光を放ち始める頃。昔は腐った草が蛍になると考えていました。

綺麗な水辺に生息する蛍が腐った草とは、よくわからん、なんでかな~。

日本にはホタルが40種以上、沖縄にはそのうちの20種がいる。そういえば3月に石垣島に行ったときも

たくさん光っていた。


                     サンカノゴイ

e0289657_07512098.jpg



[PR]

by toriscene | 2015-06-11 07:53 | サギ科 | Trackback

小満

立夏から数えて十五日目。少しだけ満ちる・・・だんだんと陽気がよくなり、麦の穂が伸び、草木が実をつけ始め、命が盛んとなるころ。そうなのか、これから元気になるのかな~、最近はだるくてしょうがない。


カラシラサギ 唐白鷺

世界的に数が少ないそうです。朝鮮半島周辺と中国南部のみに分布、日本では九州以南と日本海の島嶼の記録が多いらしい。この写真も日本海の小さな島。黄色い足指が見えないと識別しにくいね。

e0289657_15500170.jpg
2013年5月12日、石川県


[PR]

by toriscene | 2015-05-21 15:51 | サギ科 | Trackback

雁風呂

雁は日本への渡りの途中、海上で休む時の止まり木として小枝を咥えてやってくる。浜にたどり着いて必要がなくなった小枝を落してさらに越冬地を求めて先を急ぐ。春になると、この小枝を拾って北へ帰る。不運にも帰れなかった雁の数だけの小枝が浜に残る。この小枝を集めて風呂を焚き、雁の供養をするという青森県の民話とか。

実際には、ガン類はこのようなことはしない。でも、作り話として片づけてしまいたくないお話です。

この雁風呂をテーマに、サントリーウイスキーのTVコマーシャルが40年ほど前にありましたね~。「あわれな話だなぁ、日本人って不思議だなぁ」とCMの最後に作家の山口瞳さんが呟くのが印象的でした。


アオサギ 蒼鷺

今年は雪解けが早いのか、マガンはずいぶん北海道に戻ってきています。苫小牧市ウトナイ湖ではすでに60,000羽を超えたそう。このアオサギを撮影した場所も雪は溶けていてマガンやヒシクイが餌を採りに降りています。例年ならこの写真のように、餌は採れないほどの積雪があるのですが。と書いてきたら、2日前はまた積雪、マガンはどこへ餌を採りに・・・。2010316日、北海道千歳市。B20134月号掲載写真。

e0289657_07133005.jpg

◎原則、毎日更新のブログはこちら、「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。


[PR]

by toriscene | 2015-03-13 07:17 | サギ科 | Trackback