天才の日。

「誰もが一冊の本を書くことができる」との思いから1999年に吉田浩氏により設立され、数多くのベストセラーや作品を手がけてきたSOHO型の編集プロダクションの株式会社天才工場が制定。天才工場の天才という名前には、誰もが天才であるとのメッセージが込められており、自分の才能に気づき、天才のひとりであることを再確認する日。日付は10と31で「天才」と読む語呂合わせから。~以上、exciteニュースから天才、ではなく転載。
10はてん、31はさい・・・記念日っていつでもいいんだな~。
はるか昔の中学生の頃、習字の時間に書かせられたのが
「努力は天才を生む」という言葉。
一見、矛盾しているようなこの言葉、なぜか今だに覚えている。
まぁ、努力もしないで今まで生きてきた身にはこれから先も
天才なんかは無関係。
それにしても、この記念日、意味が分からんな~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ということに関係なく、今日の野鳥はミヤコドリ。
いよいよ東京湾奧の干潟にこの鳥が集結する。
昨冬は300羽超、過去最高だった。
名物のハマシギの大群と併せて良い被写体になってくれそうです。
e0289657_18143445.jpg



[PR]

by toriscene | 2015-10-31 05:30 | ミヤコドリ科 | Trackback

トラックバックURL : http://toriscene.exblog.jp/tb/23822831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。