蟋蟀在戸…七十二候。

きりぎりす とにあり。キリギリスが戸口で鳴くころ。
キリギリスかコオロギか、諸説あるそうですが、
松尾芭蕉の「むざんやな甲の下のきりぎりす」という有名な句がある。
どうもこちらはコオロギが定説らしい。
それはそうだろうね、鳴き声はコオロギでなくては
この句の持つ雰囲気が伝わらない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなことには関係なく、今日の野鳥はダイシャクシギ。
秋口からMFの干潟に姿を見せてくれる。
ユリカモメを脇侍に、ダイシャクシギ三尊の完成。
e0289657_12070046.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-10-19 06:00 | シギ科 | Trackback

トラックバックURL : http://toriscene.exblog.jp/tb/23771648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。