鉄道安全確認の日。

日本で最初の鉄道は1872年秋、新橋~横浜間というのはよく知られた話。

その二年後、1874年の今日、最初の鉄道事故発生。

新橋駅でポイントが故障し、脱線してしまった。

そこでこの日を「鉄道安全の日」としているようだが、

鉄道は日々安全確認の日でなくては困ります(公共輸送はすべからくではありますが)

数年に1度はインパクトの強い事故は起きている。

JR福知山線の脱線・人身事故は未だに記憶から消えない。

来年3月には新幹線が北海道に乗り入れる。

旅行会社は新函館北斗駅をスタートする北海道観光プランもたくさんできるだろうし、

冬の雪道運転が苦手な私にはシロハヤブサを日帰りで

見に行くことができるかもしれない。

それもこれも総て安全であるという安心感が土台だ。

ここ数年、JR北海道のトラブルが多い。がんばってね、JR北海道さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということに関係なく、今日の野鳥はチュウヒ。

草原は雪の季節が来る前の猛禽の季節、

チュウヒはゆったりときれいな飛翔を今日も見せてくれる。

e0289657_06223478.jpg


[PR]

by toriscene | 2015-10-11 06:24 | タカ科 | Trackback

トラックバックURL : http://toriscene.exblog.jp/tb/23761094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。