春一番

ご存知のように立春から春分までの間に吹く強い南風、キャンディーズの歌のせいか、ほんわかした語感があるが、気象的には警戒をしなくてはならない強風、なにしろ風速15mを超えることも。安政6年(1859)2月13日に長崎で漁船が転覆し、一説にこの風を春一とか春一番とか呼んだとか。安政の大獄から5か月後のこと、時の大老井伊直弼の抵抗勢力への粛清の風が吹き荒れていた頃。

オジロワシ尾白鷲
やっと流氷が根室海峡に入ってきて、例年通りの景色になったそうです。早ければ2月下旬からオオワシ、オジロワシの北帰行が始まる。宗谷岬のピークは通常なら3月中旬、羅臼の観光船の海鷲に飽きている方は、宗谷岬で海鷲を見送るのも楽しいかも。私はたぶん行きませんが。2005年2月、北海道厚岸町。
e0289657_7364178.jpg

◎原則、毎日更新のブログは「野鳥と花の雑記帖」へお越しください。
[PR]

by toriscene | 2015-02-22 07:42 | タカ科 | Trackback

トラックバックURL : http://toriscene.exblog.jp/tb/22825790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。