アメリカビロードキンクロとビロードキンクロ

普段はHDの容量を増やしたくないので、撮影後90%は捨ててしまいます。今回は撮った総ての写真を残して、居るかもしれないというアメリカビロードキンクロの画像を探してみました。とはいえ、被写体までが遠くて、画像はボケボケですが。
根室でバードガイドをされているNさんによれば、
 ①わき腹が黒ではなく褐色であること 
 ②クチバシのヘリが黄色くない事 
 ③鼻の突起がアジアタイプ程大きく突出していないこと 
 ④頭の形が角ばっていること(目先の当たりに段がある)
などがアメリカビロードキンクロの特徴とのことです。

ということで、それらしい画像と多く見られるアジア型を比較してみました。
Aアジア型(2012年2月北海道)
e0289657_18123011.jpg

B今回撮影した個体(2014年1月千葉)
e0289657_18125016.jpg

識別ポイント①では、順光と逆光の違いに加えて、画像も悪くて比較できません。
②についてはBには外側に黄色い色はなさそうです。
③鼻の突起はBの方が小さいようです。
④も見方によってはBの目先には段があり、頭の形が角ばっているように見えるかもしれません。ナイキマークが小さいという方もいますが、決定打にはならないようです。この個体がたまたま小さいようです。
長々、うだうだ書きましたが、私には100%同定する能力がないということだけははっきりしました。ビロードキンクロの亜成鳥かもしれませんし
ただこういう悩みもアフターバードウオッチングの楽しみの一つでしょうか。
[PR]

by toriscene | 2014-01-15 06:30 | Trackback | Comments(22)

トラックバックURL : http://toriscene.exblog.jp/tb/21570055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 4416_yumeoibito at 2014-01-15 09:59
下はやっぱりアメリカに見えます!
Commented by あっこ at 2014-01-15 10:08 x
AとBではかなり違うように見えますが・・・。
鳥たちを見たり撮ったりすると、頭に入る部分と、何回聞いても忘れちゃうところがありますが、だから面白いのでしょうね。
Commented by 年中無給 at 2014-01-15 10:13 x
確かに並べて見ると違いは判りますがすぐ忘れてしまいます。
水鳥や鷹類も難しいです。
Commented by マイ野鳥図鑑 at 2014-01-15 10:18 x
こんな識別をしてあれやこれやと調べているとあっという間に時間が過ぎて。これも鳥見の楽しみの一部分でしょうね。それにしても珍しい鳥に出会えてよかったですね。
Commented by 多摩 at 2014-01-15 15:44 x
こんにちは。
珍しい海鳥だそうですね。
いろいろ勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by 四 孫 at 2014-01-15 16:59 x
こうして比べると明らかに違いますね? それにしても
Aの嘴の周囲はかなり複雑な構造になってますね?
外に余り例が無いように思いました。
Commented by あっ!熊 at 2014-01-15 19:12 x
オスメス、年齢、季節などで姿が変わりますから、鳥の識別は難しいです。このレベルで悩んでみたいなぁ。
Commented by fujio at 2014-01-15 20:33 x
ビロキンは、アジア型とかアメリカとかも居るんですね。
顔付きは違って見えますけどね~。
Commented by kamiyan at 2014-01-15 20:59 x
たしかにBは鼻の突起は小さいですね。アメリカらしくは見えますが、同定するのは難しそうです。
Commented by POPO at 2014-01-15 23:36 x
へぇ~、そんなのも居るんですね。
難しいです。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:28
yumeoibito様
日本での観察事例が少ないので、どんなものかと思っています。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:29
あっこ様
ちょっとした差なので、なかなか同定するのが難しいです。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:34
年中無給様
知人に教えてもらうまでは、探そうなんていう気もおきませんが、とりあえず居る鳥を片っ端から撮ってみました。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:36
マイ野鳥図鑑様
こういうことで頭を悩ますのも楽しいものですね。でも結論が出せないのが悲しいです。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:37
多摩様
日本の野鳥の半数近くは水辺の鳥ですから、いろいろ覚えたいと思っています。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:37
四孫様
どうしてこういう形態なのか、不思議ですね。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:39
あっ!熊様
仰るとおりですね、いろいろな条件が重なって、私には難しいことばかりです。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:41
fujio様
昨年、根室方面でこの鳥が観察されて、初めて存在を知ったばかりです。この鳥がはたして・・・。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:42
kamiyan様
何度も見ている方なら同定も可能なのでしょうね。まだまだ低レベルの野鳥観察です。
Commented by toriscene at 2014-01-16 07:44
POPO様
昨年初めて、私もこの名前を知りました。
Commented by iwamitsu at 2014-01-16 17:03 x
珍しい鳥に出会えて良かったですね。名前の判定はなかなか難しいようですね。よくご存知なのにはただ敬服しております。
Commented by toriscene at 2014-01-17 08:22
iwamitsu様
これが本物なら結構レアな海鳥になるのですが。